野蚕糸庵

野蚕糸庵

職人によるお手入れ

野蚕糸庵ではお客様の大切な着物を長く着て頂くために、
職人によるしみ抜き作業及び修復お手入れも承っております。
シミ等で汚れてしまった着物を諦めないで、一度お気軽に
ご相談ください。

作業場イメージ写真

シミ抜き

ファンデーションや食べこぼしの汚れなどのシミを職人の手で一つ一つ丁寧にシミ抜き作業を致します。

Before
しみ抜き行程
After

柄足し

着物の雰囲気を変えたり、シミや汚れなどを隠すために柄足しを施します。
柄を足すことで今までとは違う雰囲気を楽しむことが出来ます。

Before
柄足し行程
After

ガード加工

着物や反物へガード加工(撥水加工)を施す作業も承っております。
ガード加工をすることで水を弾き、シミや汚れが付きにくくなり、更に後のお手入れにかける時間やコストが
軽減できるメリットがございます。

反物ガード加工

着物ガード加工

染め

糸自体を染めて織ることを「織り」と言います。反対に白生地に後から色を染めたものを「染め」と言います。
一般的には「織り」よりも「染め」の方が格が高いと言われています。
野蚕糸庵では「染め」の作業も承っております。

手染め

1. 伸子張り
竹ひごの両端に針が付いている伸子と呼ばれる用具で反物のシワを伸ばします。

2. 下絵・印写し
反物に柄やグラデーションをのせたい場合、染める前に下絵や印をつけます。

3. 染料の調合
ご希望のお色に染料を調合します。

4. 染める
調合した染料で反物を染めていきます。

5. 乾かす
染めあがった反物を乾かします。

6. 仕上がり
完成品です。

1. 型選び
模様にしたい型を選びます。

2. 糊付け
選んだ型に糊付けをします。

3. 染める
糊が付いた箇所は染まらず、付いていない箇所は染まります。

4. 仕上がり
余分な染料・糊を洗い落とし、乾燥させたら完成です。

型染め

型染めとは、特殊な糊で防染し重ね上げた生地の上から染料を注ぎ、
模様部分を染め上げる伝統的な染めの一種です。

料金

各サービスの料金をご案内いたします。
※着物の状態によっては料金表と異なる場合もございます。

料金

クリーニング
襟洗い 2,000円
袖洗い 2,000円
襟洗い&袖洗い 3,500円
オプション
・プレス追加 1,500円
・部分シミ抜き追加 1,000円?
ガード加工
撥水ガード加工 10,000円?
柄入れ
柄入れ  ※要相談 5,000円?

上記以外にも着物に関してのご相談・ご要望等ございましたら、
ご遠慮なく電話にてお問合せください。

ページトップへ